条件:  キーワード:考え

いろんなかんがかたひとがいるね 1つの物事ものごとを「い」という人もいれば「ダメだ」というひともいる いろんな価値観かちかん ちが価値観かちかんがぶつかるとどうなるだろう?

元ネタのまま 地球は、1日に1回自転じてんしています。これが1年間になると、1年は、365日ですから、365回自転することになります。 では、地球が宇宙うちゅう誕生たんじょうしてから何年になるのでしょうか。多くの研究結果を考え合わせると、約46億年という答えがでてきます。ということは、先ほどの1年365回転に、この46億年をかければいいわけです。 365×46億=1兆6790億回転。単純に計算するとこうなりますが、地球の自転は、初めのころにくらべると、だんだんおそくなってきているようです。ですから、本当はもう少し多いかもしれません。

元ネタのまま あくびは、ねむくなったとき、つかれがでたとき、たいくつしたとき、それから、部屋の空気が悪くなったときなどにでることが多いようです。 これらに共通しているのは、こういうときののうは働きがにぶくなり、通常の活動をしていないということです。 おそらく、これがあくびがでる原因と思われます。 しかし、なぜ、脳の働きがにぶくなると、あくびがよくでるのかについては、いまのところ、まだよくわかっていません。 ここから先は想像になるのですが、たぶんあくびをするときの動作と関係があるようです。 あくびには、大きな口をあけることと、息をはきだすのではなく強くすいこむという、ふたつの大きな特徴とくちょうがあります。 まず、口を大きくあけることから考えてみましょう。 このとき、ふつうでは動かさないような筋肉きんにくを、思いきり動かしています。 つまり、神経しんけいを使って脳を強く刺激しげきして、にぶくなっている脳の活動を活発にしようとしているのです。 次に息を強くすいこむことによって、新しい酸素さんそをたくさん血液の中に送りこみ、脳をはじめ体の全体を活性化させています。 つまり、あくびは、何かの原因で、一時的ににぶくなった脳や体に、また活動をさせる働きをしているといえそうです。

ゲームやテレビ。たのしいことがいっぱい。らないこともまなべるし、わることばかりじゃない。でも、ことばかりでもない。ちゃんと考えてみよう。

登録えほんと数47

「えほんと」のオススメ商品
-powered by Amazon-

えほんとを
作る