条件:  キーワード:

元ネタのまま あくびは、ねむくなったとき、つかれがでたとき、たいくつしたとき、それから、部屋の空気が悪くなったときなどにでることが多いようです。 これらに共通しているのは、こういうときののうは働きがにぶくなり、通常の活動をしていないということです。 おそらく、これがあくびがでる原因と思われます。 しかし、なぜ、脳の働きがにぶくなると、あくびがよくでるのかについては、いまのところ、まだよくわかっていません。 ここから先は想像になるのですが、たぶんあくびをするときの動作と関係があるようです。 あくびには、大きな口をあけることと、息をはきだすのではなく強くすいこむという、ふたつの大きな特徴とくちょうがあります。 まず、口を大きくあけることから考えてみましょう。 このとき、ふつうでは動かさないような筋肉きんにくを、思いきり動かしています。 つまり、神経しんけいを使って脳を強く刺激しげきして、にぶくなっている脳の活動を活発にしようとしているのです。 次に息を強くすいこむことによって、新しい酸素さんそをたくさん血液の中に送りこみ、脳をはじめ体の全体を活性化させています。 つまり、あくびは、何かの原因で、一時的ににぶくなった脳や体に、また活動をさせる働きをしているといえそうです。

内臓ないぞうはなにをしてる にんげんのからだのなかの 内臓ないぞう いろいろな はたらきを している。 ちょっとむずかしいけど、内臓ないぞうの はたらきを 「えほんと」でおぼえちゃおう

登録えほんと数47

「えほんと」のオススメ商品
-powered by Amazon-

えほんとを
作る