HOME > おかね 作者情報 

おかね

年玉としだまをもらった。
かねがあれば、いろんなものがえるかもしれないけど、おかね大事だいじなものだから、ちゃんとおかね意味いみをしってほしいんだ。

ぱぱ や まま は かいものにいって、いろんなものをうときに
かねをはらう。

たべもの、おかし、ジュース に おもちゃ
かねをはらうといろんなものが える

ぱぱ や まま は  おしごと を して おかねをもらう
かねがないと たべものも たべれないから おしごとにいく
まんいん電車でんしゃ で つぶされながら おしごとにいく

かいしゃで しゃちょうのめいれいをきいたり けいさんしたり あやまったり
おみせで おきゃくさんに なにかをうったり おこられたり

それでおかねをもらってくる
そのおかねで、たべものをかう
それだけじゃなくて、いえ の やちん を はらったり
テレビやエアコンとかをつかった でんき の おかねをはらったり
おふろのガスや おみず、ほかにも こども の ようちえん や ほいくえんや がっこう…
なにをするにも おかねがかかる

だから だいじな おかね

ぱぱ や まま が いっしょうけんめい はたらいてくれた おかね

ぱぱ まま ありがとう

このえほんとの続きは、会員登録の方のみ読むことができます
ベータ公開中の会員登録は無料です
こちらで、会員登録をお願いいたします
なお、ベータ版登録をされた方は、将来的にも有料になることはありません


「えほんと」がよりよいサービスになるよう、
皆様のご協力をお願いいたします。