HOME > ないぞうってなあに? 作者情報 

ないぞうってなあに?

内臓ないぞうはなにをしてる

にんげんのからだのなかの 内臓ないぞう
いろいろな はたらきを している。

ちょっとむずかしいけど、内臓ないぞうの はたらきを
「えほんと」でおぼえちゃおう

あかちゃんのからだのなかにも
大人おとなのからだのなかにも
子供こどものからだのなかにも
いろんな はたらきをする 内臓ないぞう が ある。
おおきさは ちがうけど 大人おとなも 子供こども も
みんな おなじ 内臓ないぞう

内臓ないぞうってなにをしてるんだろう。

内臓ないぞうは、おおきくわけて、9つのはたらきがある。
 1.いきをして空気くうきをとりこむ はたらき
 2.ごはんをたべてエネルギーをとりこむ はたらき
 3.エネルギーをからだじゅうにおくる はたらき
 4.いろんな ものごとを かんがえる のうみそ をちゅうしんとした はたらき
 5.おとをきいたり けしきをみたり あつさやさむさ、いたさをかんじる はたらき
 6.いらなくなったものを おしっことして だす はたらき
 7.からだのちょうしをととのえるためのホルモンをだす はたらき
 8.あかちゃんをうむための はたらき
 9.ほねや きんにく など からだを うごかしささえる はたらき
ちょっとたくさんあるので、まずは、このなかの5つをおぼえよう

まず、いきをして空気くうきをとりこむ はたらき。
これを呼吸器系こきゅうきけいというよ
くち や はな から とりこんだ くうきは のどをとおって「はい」に はいるよ。
「はい」は、きれいな空気くうきをとりこんで、・・・つまり血液けつえきにわたす。
そして、血液けつえきのなかの、ふるくなった空気くうきをそとにだす

つぎに、ごはんをたべてエネルギーをとりこむ はたらき
これを消化器系しょうかきけいというよ

くちから とりこんだ たべものは 「しょくどう」から「い」に、はいって、それから「しょうちょう」、そして「だいちょう」にいって、さいごには「こうもん」から、うんこになってでていく。
ほかにも、「かんぞう」、「すいぞう」、「たんのう」など、いろんな内臓ないぞうが、しょうかえきをだして、たべものをとかし、エネルギーをとりだす。

このえほんとの続きは、会員登録の方のみ読むことができます
ベータ公開中の会員登録は無料です
こちらで、会員登録をお願いいたします
なお、ベータ版登録をされた方は、将来的にも有料になることはありません


「えほんと」がよりよいサービスになるよう、
皆様のご協力をお願いいたします。