HOME > しろくまの 子 作者情報 

しろくまの 子

かいたひと:小川 未明おがわみめい
いうことをかないシロクマのどもは、どうなってしまうのでしょうか?

しろくまは、ほっきょくかいに のぞんだ アラスカ または シベリアに すんで います。
しろくまは、みずの なかへ はいって およぐ ことも できます。
まっしろな けが ふさふさと して、かわいらしい を して いますが、それは たけしい けものです。

 ある とき、しろくまの ははおやは どもたちを つれて、ひょうざんの うえで あそんで いました。
「おかあさんの そばを、はなれては いけません。」
と、いいきかせました。
 けれど、いっぴきの いう ことを きかぬ ぐまは、かってに うみどりを おいかけて いました。
この とき、パチンと おおきな おとが して、こおりの かたまりが ふたつに われました。

 ぐまの のった こおりの かたまりは あちらへ ながれて いきました。
オーロラの かがやく そらの したを、ずんずん ながされて いきました。

「こまったなあ。」
と、ぐまは おもいました。

 きしに つくと、けがわを きた エスキモーの おじいさんが、しのびよって、ふいに あたまから、あみを かぶせました。
(子)こぐまは いけどりに されたのです。
そうして、おりに いれられて、とおい (町)まちの どうぶつえんへ おくられました。

 (町)まちの ぼっちゃんや じょうちゃんたちが ぐまを かわいがりました。
おいしい パンや ビスケットを なげて くれました。
ぐまは ときどき おかあさんを おもいだして、
「ウオー。」
と、なきます。