HOME > いろんなむし 作者情報 

いろんなむし

いろんなむし
むしは どうぶつ と ちがう
あしが 6ほん
はねが あったり なかったり

ふしぎな いきもの

はちは、はたらきもの

はなの ミツ をあつめて はちみつ を つくる
はちがやってくると、はな受粉じゅふんできて やタネをつくることができる

せみは、なんねんも つちのなかで いきている

しゅるいによるけど 3ねんから 17ねんも つちのなかでいきている
おおきくなったら つちの なか からでてきて
30にち ぐらいで しんでしまう

かまきり の メス は すごい

オスといっしょに たまご を うんだ あと
メスは オス を たべてしまうんだって

かぶとむしは、格好かっこういいツノがあるよね。
クワガタともり王者おうじゃをめぐってたたかってるかんじがするな

あげはちょうは、とてもきれい。
日本にほんのあげはちょうの幼虫ようちゅうは、ミカンのっぱをたべるんだって

太陽たいようにむかってとぶすがたから、天道てんとうむしといわれるテントウムシ
かわいい姿すがただけど、つかまえるとくさいにおいをだすんだよ

トノサマバッタは自分じぶんのからだの20ばいぐらいの距離きょりをジャンプする。
人間にんげん子供こどもが、5だいならべた消防車しょうぼうしゃをジャンプするぐらいのパワーだって

アリの仲間なかまは、たまごをうむ女王じょうおうアリと、をつくったり、ごはんをとってくるはたらきアリにわかれている。日本にほんには300ちかいしゅるいのアリがいるんだってさ

まちでは、あまりむしをみることはできなくなってるけど、いなかにいったら、まだまだたくさんむしがいるんだって。こんど、やすみのむしにあいにいきたいなぁー


おしまい