HOME > ももたろう 作者情報 

ももたろう

みんなだいすき桃太郎ももたろう
仲間なかまのイヌ、サル、キジとおにたいじにむかいます

むかしむかし、あるところに、おじいさんとおばあさんがくらしておりました。おじいさんは、やまへ、しばかりに、おばあさんは、かわ洗濯せんたくにいきました。
おばあさんがかわ洗濯せんたくをしていると、おおきなももが、どんぶらこ、どんぶらことながれてきました。「まあ、なんと大きなももだこと。おじいさんにもってかえってたべさせてあげましょう。」おばあさんは、よろこんでももをひろってかえりました。

ももをみたおじいさん、「こ、これは、なんとおおきなももじゃ」とびっくり。
「おじいさん。さっそくたべましょう」と、おばあさんがほうちょうでももをきろうとすると…、「おぎゃあーっ。おぎゃあーっ。」ももの中から、げんきなおとこのあかちゃんがとびだしてきたではありませんか。
「なんとまあげんきなおとこのこじゃ。ももからうまれたから『桃太郎ももたろう』となづけよう」とおじいさんがいいました。
おじいさんとおばあさんに大事だいじにされて、桃太郎ももたろうは、すくすく大きくなって、りっぱな少年しょうねんになりました。

ある日のこと。桃太郎ももたろうは、おじいさんとおばあさんに、「このごろ、おにがしまのおにたちが、あっちこっちのむらわるさをはたらいているそうです。どうか、わたしをおにたいじにいかせてください。」
おじいさんも、おばあさんも、心配しんぱいでたまりませんでしたが、桃太郎ももたろう気持きもちを大事だいじにすることにしました。

おじいさんとおばあさんは、桃太郎ももたろうのために、たびのしたくをしてくれました。おじいさんは、いえにつたわる秘伝ひでんのカタナを、おばあさんは、元気百倍げんきひゃくばいのキビダンゴをもたせてくれました。「おじいさん、おばあさん、ありがとう。おにたいじにいってきます。」

桃太郎ももたろうがむらはずれまでくると、一ぴきのいぬがやってきました。「♪桃太郎ももたろうさん 桃太郎ももたろうさん おこしにつけた きびだんご 一つわたしにくださいな」といいます。「♪やりましょう やりましょう これからおにのせいばつに ついてゆくならやりましょう。」犬はきびだんごをもらって家来けらいになりました。「ワンワン!」 しばらくいくと、さるとキジがやってきました。「♪一つわたしにくださいな ウキャ。」「♪一つわたしにくださいな ケーン。」「♪これからおにのせいばつに ついてゆくならやりましょう」と桃太郎ももたろう。こうして、犬とさるとキジが桃太郎ももたろう家来けらいになりました。

いぬとさるとキジをおともにつれた桃太郎ももたろうは、ふねおにしまにむかいました。しまでは、おに宴会えんかいのさいちゅうでした。「さけじゃ、さけじゃあ。うへへへ。うまい、うまい。」
そこに、「わたしは日本一にっぽんいち桃太郎ももたろう!わるいおにどものたいじにきた!かくごしろ~!」桃太郎ももたろうが大ごえでなのり、犬にサル、キジがおににむかっていきました
「エイッ! ヤアッ!」桃太郎ももたろうおにどもをバッタバッタとたおしていきます。いぬ、さる、キジも、まけずにおにいどんでいきます。「ウーッ、ワンワン!」 「ケーンケンケン!」 「キャーッキャッキャッ!」
そしてついに、桃太郎ももたろうおに大将たいしょう一騎打いっきうち。桃太郎ももたろうは、ふりおろされるこんぼうをかわしながら、おに大将たいしょうを 「ヤアーッ!」とたおしました。

やぶれたおに大将たいしょうは、「ま、まいりました。もうわるいことはいたしません。」とあやまりました。「おわびのしるしに、たからものをおわたしします。」
「♪ばんばんざい ばんばんざい おとものいぬや さる キジは いさんでくるまをえんやらや。」
桃太郎ももたろうは、あちこちのむらへよって、たからものをかえしてあげました。そして、おじいさんとおばあさんのむらにもどり、イヌとさるとキジと、みんなでたのしくくらしましたとさ。

おしまい