HOME > にじのこどもたち 作者情報 

にじのこどもたち

にじのこどもたちの大冒険だいぼうけん
それぞれのこどもたちの活躍かつやくできる場所ばしょをさがしにいこう

はなしをかんがえたひと:かずとら

そのは、たくさんあめがふっていたのですが、あめがあがって、太陽たいようがでてくると、そらにおおきな『にじ』がかかりました。
ふつうは、『にじ』は、すこしずつ、うすくなっていきます。ですが、そのの『にじ』はいつもより元気げんきな『にじ』だったので、なかなかうすくなりません。

あまりにも元気げんきだったので、あか・きいろ・きみどり・みどり・みずいろ・あお・むらさきの、それぞれのいろがあつまって、『にじ』のこどもたちがうまれました。7つのいろの『にじ』たちは、そらから地面じめんにおりてきて、やま野原のはらをはしりまわりました。

『あかくん』が、はしったやまはバラやチューリップやキレイなあかはながさきました。
『きいろくん』が、はしったところには、タンポポやひまわりのような黄色きいろはながそだっていました。
『みどりくん』や『きみどりくん』が、あそぶところは、草木くさきがどんどんそだちます。
『みずいろくん』や『あおくん』のあそぶかわうみみずは、とてもキレイないろをしています。

でも・・・『むらさきくん』があそんだところは・・・どうでしょう?
むらさきになってよろこぶ場所ばしょはどこにもありませんでした。『むらさきくん』はとてもかなしくなってしまいました。

それをみていた、ほかいろの『にじ』のたちは、おもいました。
「むらさきくんだって、よろこぶ場所ばしょはぜったいあるはず!」
「いっしょに、それをみつけよう!そうしよう!」
『にじ』のこどもたちはいつだって元気げんき友達ともだちおもいです。

『にじ』のこどもたちは、いろんなやま野原のはらかわうみ、いろんなところを探検たんけんしました。でも、なかなか、『むらさきくん』が、よろこぶようなところはみつかりません。
「あきらめずにさがすぞ!」あおくんがいいました。
「まだまだ、さがすばしょはいっぱいあるぞ!」みどりくんはいいました。
でも・・・ちょっとつかれちゃった
むらさきくんは、すわりこんでしまいました。

あかくんはいいました「がんばって、むらさきくん!」
きいろくんも、「そうだ、そうだ」とさわぎました。
きみどりくん、みずいろくんも「がんばれ、がんばれ」と応援おうえんしています。

「もう、つかれちゃった!」と、むらさきくんはおおきなこえでさけんでげていってしまいました。のこされた6にんの『にじ』のはびっくり。
きいろくんもいいました「がんばってほしかったんだけどなぁ」
きみどりくんはいいました「いいすぎちゃったのかな・・・」
『にじ』のたちは、どうしたら『むらさきくん』が元気げんきになるかをかんがえましたが、うまいアイデアがでてきません。

そこに
「わー!」
と、おおきなこえがきこえました。「あれ?むらさきくんのこえだ。なにがあったんだろう?」
みんなは、いそいでこえほうにむかいました。
すると・・・

そこには、たくさんのキレイなムラサキのちょうちょがヒラヒラとんでいたのです。
「うわぁ、すてき!とてもきれい!」
みんな、とてもうれしそう。むらさきくんもとてもうれしそう。

むらさきくんのうれしそうなかおをみて、『にじ』のたちもうれしそう。

おしまい。